Won't Get Fooled Again * The Who News
The Whoに関する最新ニュース。 by WHO's Generation
プロフィール

WHO's Generation

  • Author:WHO's Generation
  • The Whoのファンサイト"WHO's Generation"内の一コンテンツ

月別アーカイブ

カテゴリー

The Who ライブ予定

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のリリース

[2010]

40周年記念限定盤
11/24(日本盤)

3/24(日本盤)

3/23(US盤)

3/9(DVD輸入盤)

3/9(Blu-ray輸入盤)
[2009]
lisztomania.jpg
12/22(US盤)
lisztomania.jpg
8/26(日本盤SHM)

8/19(日本盤BOX)

8/5(日本版)

8/5(Blu-ray日本版)

4/22(日本盤SHM)

4/22(Blu-ray日本版)

4/1(日本盤DE)

4/1(日本版)

4/1(デラックス版)

4/1(コレクターズ版)

3/17(US盤DE)

2/24(Blu-ray輸入版)
[2008]

12/24(日本盤SHM)

12/19(日本盤)

11/18(US盤)
mygeneration_box.jpg
11/12(日本盤BOX)

11/12(日本盤SHM)

11/12(日本盤SHM)

11/12(日本盤SHM)

11/10(和書)

11/5(日本盤SHM)

11/5(日本盤SHM)

11/5(日本盤SHM)

11/5(日本盤SHM)

11/5(日本盤SHM)

11/5(日本盤SHM)
mygeneration_box.jpg
8/6(日本盤BOX)

8/6(日本盤SHM)

4/14(UK盤)
[2007]

9/13(日本盤)

8/2(日本盤)
[2006]

11/24(日本盤)

11/15(日本盤)

11/8(限定盤)

7/24(UK盤)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


▲TOP
【ライブ:Zak】サポートアクト@Beady Eye
penguins.jpg
元OasisのLiam Gallagherを中心に結成されたBeady Eyeの初UKツアーの前座として、ZakのサイドプロジェクトPengu!nsが出演します。

Beady Eyeのツアーは4/11スタート。Pengu!nsは現在発表されている12公演のうち、4/18のEdinburghと4/20のNewcastleの2公演で前座を務める予定です。

スポンサーサイト
▲TOP
【CD/ライブ:Pino】 The Verbs新作と日本ツアーに参加
trip.jpg
Steve Jordanが自身の妻Meegan Vossと結成したユニットThe Verbsの新作『TRIP』(9/22発売予定)にPinoが参加しており、10月の日本ツアーで来日することも決まりました。
この度The Verbsには奥田民生がギタリストとして正式に加入したことが発表されています。

■ TRIP (トリップ) [Amazon.co.jp]

「JAPAN TRIP 2010」の日程は以下の通りです。

・10/25(月)東京・渋谷C.C.Lemonホール
・10/26(火)東京・SHIBUYA-AX
・10/28(木)名古屋CLUB DIAMOND HALL
・10/29(金)大阪・なんばHatch
・10/31(日)広島CLUB QUATTRO

8/28(大阪公演のみ9/4)よりチケット発売中。詳細はぴあ他のプレイガイドにて。

▲TOP
【ライブ:Zak】1234 Festival
Zakのライブ予定です。
今月、7月24日(土)にShoreditch(London)で開催される1234 FestivalにてBobby Gillespie(Vo. Primal Scream)が中心となるサイドバンドが一夜限りのパフォーマンスを行い、そこでZakがドラムを担当します。
バンド名はThe Silver Machine(Hawkwindの曲名に由来)。バンドはこのフェスティバルでMC5やThe Creation、The Troggsらのカバーを演奏する予定です。

The Silver Machineのメンバーは下記のとおり。

Bobby Gillespie(Vo. Primal Scream)
Glen Matlock(B. Sex Pistols)
Barrie Cadogan(G. Little Barrie)
Andrew Innes(G. Primal Scream)
Zak Starkey(Dr.)

関連サイト:1234 Festival

▲TOP
【ライブ:Pino】PSP日本ツアー&デビューアルバム
今年初めThe Philippe Saisse Trioというバンド名で東京と大阪のBillboard Liveでライブを行ったSimon Phillips、Philippe SaisseそしてPino Palladinoのトリオですが、来年、2010年はPSPとバンド名を改め2月に全国ツアーを行います。

8都市9公演の日程は下記のとおり。

2010/02/19:福岡, Gate's
2010/02/20:倉敷, RED BOX
2010/02/21:高知, Caravan Sary
2010/02/22:神戸, Chicken George
2010/02/24:名古屋, Bottom Line
2010/02/25:大阪, BIGCAT
2010/02/26:東京, STB139
2010/02/27:東京, STB139
2010/02/28:郡山, Hip Shot Japan

そしてデビュー(ライブ)アルバム『ライヴ』日本盤も2010年2月10日に発売予定。内容は東京Billboard Liveでのセットから選りすぐったものになります。現在、Amazon.co.jp等で予約受付中。

■ PSP『ライヴ』[Amazon.co.jp]

▲TOP
【ライブ:Kenney】THE FACES 一夜限りの再結成
Keithの他界後The Whoの二代目ドラマーを務めたKenney Jonesのライブ情報です。

The Facesがミュージシャン救済基金が主催するイベントにて一夜限りの再結成をすることが発表されました(Rod Stewartは不参加とのこと、また故Ronnie Laneに代わりベースはBill Wymanが務めます)。他の出演予定アーティストは、Bill Wyman's Rhythm Kings、Jan Akkerman、Melanie C、Paul Carrack、Kiki Dee、Chris Difford、Georgie Fame、Robin Gibb、Mark King、Mike Lindup (Level 42)、Albert Lee、Martin Taylor。ショーはBill Wyman's Rhythm Kingsと他のアーティストが共演する形で進行していくようです。

日時:2009年10月25日(日)19:30~
場所:Royal Albert Hall, London
チケット:£39.50 - £50.00
     (VIPチケットについては会場BOX OFFICEまで:+44(0)20 7589 8212)
イベント公式サイト:Helping the Heart of Music

▲TOP
【DVD:Zak他】SUPER DRUMMING vol.3
superdrumming3.jpgPete Yorkがホストを務めるドイツの音楽(ドラム)番組をまとめた『SUPER DRUMMING』の第3弾の日本盤が11月7日に発売されます。
10代でのプロ初仕事がSpencer Davis GroupでのセッションだったZakは、Pete Yorkとの親交も深く、『SUPER DRUMMING』へは第1弾に続き2作目の出演となります。また、数々の名ドラマーを集めたこの番組。Zakの他にも、The Whoのサポートを務めていたSimon Phillipsや、PeteやSimon Townshendとの仕事も多いMark Brezickiの出演回も収録されています。
40曲の収録曲のうち、彼らの演奏曲は下記の通り。
Zak:「Linin' Track」「Route 66」「The Pike Strikes Again」。Simon Phillips「Beating The Bronze」「Programme Changes」。Mark Brezicki:「Dixie Chicken」。

現在、Amazon.co.jp等で予約受付中。

■『スーパー・ドラミング Vol.1』 [Amazon.co.jp]
■『スーパー・ドラミング Vol.2』 [Amazon.co.jp]
■『スーパー・ドラミング Vol.3』 [Amazon.co.jp](2008/11/7発売予定)

▲TOP
【ライブ:Pino他】フィリップ・セス/ピノ・パラディーノ/サイモン・フィリップス来日公演
現在The Whoのサポートメンバーとして活躍中のPino Palladinoと80年代後半から90年代前半にかけてサポートメンバーとして活躍したSimon Phillipsが、キーボーディストのPhilippe Saisseと共にビルボードライブにて来日公演を行います。

日程、場所は次の通りです。(1日2回公演となります)

*2009年2月2日(月) ビルボードライブ大阪
      1st Stage 18:30~ / 2nd Stage 21:30~

*2009年2月4日(水)、5日(木) ビルボードライブ東京
      1st Stage 19:00~ / 2nd Stage 21:30~

チケットはビルボードライブにて現在発売中です。
詳細は各ビルボードライブまで。

ビルボードライブ大阪 / 公演情報
ビルボードライブ東京 / 公演情報
           

▲TOP
【CD:Zak】Oasis『DIG OUT YOUR SOUL』
digoutyoursoul.jpgZak参加のアルバム情報です。
10月発売予定のOasisの7作目『DIG OUT YOUR SOUL』に、彼らのサポートドラマーであったZakが参加しています。レコーディングは2007年末にロンドンのAbbey Roadスタジで行われ、年明け1月からLAのスタジオでミキシングされました。
アルバムは10/6発売(日本先行発売10/1)。現在Amazon.co.jp等で予約受付中。

『DIG OUT YOUR SOUL』
[ 日本盤(通常) / 日本盤(限定DVD付) / UK盤LP / UK盤CD / US盤CD ]
限定BOXセットの詳細については、オフィシャルサイトをご参照下さい。



Zak、Oasis離脱について
Oasisのアルバムへの参加は前作『DON'T BELIEVE THE TRUTH』に続き2作目となりますが、現時点では今後の活動に関する契約はありません。
5月に『THE SUN』紙で「ZakがNoelと口論になり脱退」と報道されましたが、あくまでもタブロイド紙の情報であり真相はわからないままになっていました。その後、Noelのインタビューが『MOJO』誌(Aug 2008)に載り、Zak離脱に関するオフィシャルの発言となりました。The WhoのツアーとOasisのツアー日程が重なったことで、Zakが不参加を表明したことが離脱の経緯になっています。

なお、Zakの後任としてChris Sharrockがツアードラマーを務めることが決定しているようです。
Chrisは、Icicle WorksやThe La's、Lightning Seeds、World Partyで叩いてた他、Dave StewartやLou Reedのバックを務めたこともあり、最近ではRobbie Williamsのドラマーとして起用されていました。
Zakとも縁があり、ChirsがIcicle Worksを辞めた後Zakが穴埋めでライブとセッションに参加し(参加作品は無し)、ChrisがLightning Seedsを脱退した時はZakが後任ドラマーに選ばれ1997年~2000年までメンバーとして活動していました(参加作品はアルバム『TILT』他)。

▲TOP
【その他:Doug Sandom 】Quadrophenia Convention 2008
1962年夏から1964年4月10日までThe Detours(The Whoの前身バンド)のドラマーを務めていたDoug Sandomが、Quadrophenia Convention 2008に参加します。
イベントの詳細は、以前掲載した下記のNEWSを参照。

******

quadroconvetion08.jpg『QUADROPHENIA(さらば青春の光』の制作30周年を記念して、初のコンベンションが開催されます。場所は映画ロケ地でもあるイングランド南海岸の街ブライトン。2008年4月5、6日の週末に開催されます。
出演予定のゲストは、 Trevor Laird、Toyah Willcox、Phil Davis、Gary Shail、Garry Cooper、Mark Wingett、そしてPhil Daniels。
イベントでは、トークショー、Q&A、オークションなどが行われ、ディーラー用買付け会場やコーヒーバー、フォトスタジオも用意されるとのことです。


日時:2008/04/05(土)、06(日) AM9:00~PM5:30
場所:英国ブライトン Royal Albion Hotel (Brighton)
参加費:1日50ポンド、2日間75ポンド
*お土産にもらえる20ページのプログラムには、ゲスト全員のサインが入ります。

詳細は、www.quadrophenia.bizにて。

▲TOP
【DVD:Zak】LORD DON'T SLOW ME DOWN
lord.jpgZakがサポートメンバーとして参加したOasisの2005(&2006)年ツアー追ったドキュメンタリー『LORD DON'T SLOW ME DOWN』の日本版が12/5に発売されます。
このドキュメンタリーは当初発売予定はなく、昨年各国でプレミア上映されただけでした(その後、フェスやテレビ用編集版の公開あり)。

今回のDVDには、本編ディスクにメンバー4人(Noel&Liam Gallagher, Andy Bell, Gem)のオーディオコメンタリーが入り、特典にニューヨークで行われたNoel GallagherとファンのQAセッションが入ります。また、ボーナスディスクには2005/7/2のマンチェスター公演(16曲/74分)、ファン撮影によるフォト&映像ギャラリー、が付きます。
なお、初回生産限定盤(通常盤と同価格)には、デラックス・アートワーク仕様 / アート・ポスター / プロモ・アナログ盤(非売品)などグッズが当たる応募ハガキ / 豪華ブックレット の特典が予定されています。

現在、Amazon.co.jp等で予約受付中。

■ロード・ドント・スロー・ミー・ダウン(通常盤) [Amazon.co.jp]
■ロード・ドント・スロー・ミー・ダウン(初回生産限定盤) [Amazon.co.jp]

▲TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。