Won't Get Fooled Again * The Who News
The Whoに関する最新ニュース。 by WHO's Generation
プロフィール

WHO's Generation

  • Author:WHO's Generation
  • The Whoのファンサイト"WHO's Generation"内の一コンテンツ

月別アーカイブ

カテゴリー

The Who ライブ予定

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のリリース

[2010]

40周年記念限定盤
11/24(日本盤)

3/24(日本盤)

3/23(US盤)

3/9(DVD輸入盤)

3/9(Blu-ray輸入盤)
[2009]
lisztomania.jpg
12/22(US盤)
lisztomania.jpg
8/26(日本盤SHM)

8/19(日本盤BOX)

8/5(日本版)

8/5(Blu-ray日本版)

4/22(日本盤SHM)

4/22(Blu-ray日本版)

4/1(日本盤DE)

4/1(日本版)

4/1(デラックス版)

4/1(コレクターズ版)

3/17(US盤DE)

2/24(Blu-ray輸入版)
[2008]

12/24(日本盤SHM)

12/19(日本盤)

11/18(US盤)
mygeneration_box.jpg
11/12(日本盤BOX)

11/12(日本盤SHM)

11/12(日本盤SHM)

11/12(日本盤SHM)

11/10(和書)

11/5(日本盤SHM)

11/5(日本盤SHM)

11/5(日本盤SHM)

11/5(日本盤SHM)

11/5(日本盤SHM)

11/5(日本盤SHM)
mygeneration_box.jpg
8/6(日本盤BOX)

8/6(日本盤SHM)

4/14(UK盤)
[2007]

9/13(日本盤)

8/2(日本盤)
[2006]

11/24(日本盤)

11/15(日本盤)

11/8(限定盤)

7/24(UK盤)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


▲TOP
【Pete】 Peteの自伝発売

長く待たれていたPeteの自伝『Pete Townshend: Who I am』が10月11日にHarperCollins Publishers Ltdより発売されます。Amazon等で予約受付中。
書籍版と同時にPete自身の録音によるオーディオCDもリリースとなります。
Rolling Stoneによる書評の翻訳はこちら

>>Amazon.co.jp
[書籍版] [オーディオブック版]


スポンサーサイト
▲TOP
【雑誌:The Who/Roger】ロックジェット No.27
rockjet47.jpg
Rogerの4月来日を記念し、3月9日発売の『ロックジェット』No.47はThe Whoの特集です。

デビューからの軌跡並びに、Rogerがソロステージを行っている『TOMMY』や昨年デラックスエディションがリリースされた『QUADROPHENIA』などをフューチャー。
The Whoをリスペクトするアーティスト、文筆家のインタビューも掲載予定(加藤ひさし/古市コータロー(THE COLLECTORS)、延原達治/手塚 稔(THE PRIVATES)、平間 至、小松崎健郎ら)

■ ロックジェット No.47 [Amazon.co.jp]


▲TOP
【洋雑誌:The Who】UNCUT / August 2011
uncut_2011-8.jpg
洋雑誌『UNCUT』の最新号(August 2011)では、Rogerが表紙を飾っています。特集記事のひとつとして、Rogerのインタビューと写真が12ページに渡って掲載されています。
また付録として、「MAXIMUM R'N'B/THE ROOTS OF THE WHO」と題されたCDが付いています。こちらはPeteの写真がジャケットとして使用されており、Eddie CochranやBo Doddleyなど、The Whoのルーツともいえる音楽が収録されています。

BBSに情報を下さったGold Hawkさん、風車男さん、ありがとうございました。



▲TOP
【洋書:The Who】WON'T GET FOOLED AGAIN : The Who from Lifehouse to Quadrophenia
wgfa_book.jpgThe Whoが幻の作品『LIFEHOUSE』から『QUADROPHENIA』を手がけていた時期にフォーカスした本が3/15に発売される予定です。

著者は『MOJO』誌や『RECORD COLLECTOR』誌で筆を取っているRichie Unterberger氏。

現在Amazon.co.jp等で予約受付中。

■ 『WON'T GET FOOLED AGAIN : The Who from Lifehouse to Quadrophenia』
[ Amazon.co.jp Perfect / Paperback]


▲TOP
【書籍:The Who】ロックの名言
meigen.jpg
クロスビート編集部から『ロックの名言』が出版されました。
収録されているアーティストとして、The Whoの名前も表紙を飾っています。

■『ロックの名言』[Amazon.co.jp]

The Who以外の収録アーティストは・・・
The Beatles, The Clash, Bob Dylan, Beck, U2, Muse, David Bowie, The Rolling Stones, Sex Pistols, Doors, Iggy Pop, Oasis, The Smiths, Patti, Smith, Kiss, The Police, Queen, Jeff Beck, Hole, Paul Weller, Jimi Hendrix 他。

▲TOP
【洋雑誌:The Who】RECORD COLLECTOR / July 2010
rc201007.jpg
洋雑誌『RECORD COLLECTOR』最新号(July 2010)の表紙をThe Whoが飾っており、今年40周年を迎えるアルバム『LIVE AT LEEDS』の特集が組まれています。バンドがこのアルバムを録音するに至った詳しい経緯が、豊富な写真と共に語られているとのことです。

記事の冒頭の部分を『RECORD COLLECTOR』公式サイトで読むことが出来ます。(全文を読むには最低£98を支払って有料会員になる必要があります)

▲TOP
【写真集:The Who】THE WHO REVEALED
revealed.jpg
The Whoの新しい写真集が8月15日に発売されます。約200ページに掲載された写真で彼らの歴史を追う内容になっています。ページごとに並べられた写真には、『ANYWAY ANYHOW ANYWHERE: The Complete Chronicle of The Who 1958-1978』の著者Matt Kentが解説を付けています。

現在、Amazon.co.jp等で予約受付中。

■ THE WHO REVEALED [Amazon.co.jp]

▲TOP
【書籍:The Who】『ロック大図鑑UK3大バンドのすべて』
daizukan.jpg
12/21に講談社よりThe Who関連の書籍、『ロック大図鑑UK3大バンドのすべて?ザ・ビートルズ ザ・ローリング・ストーンズ ザ・フー』が出版されました。
本書はタイトルの通り、The Beatles、The Rolling Stones、The Whoの3バンドを扱っており、各バンドのオリジナルレコードをカラー写真と共に余す所なく解説している他、メンバーのソロ活動、バンド間の交友録、ロックを良い音で聴くためのオーディオ豆知識など充実した内容になっています(全162ページ)。
各バンドへページが均等に割かれているのもThe Whoファンには嬉しいところ(だと思います)。

現在、Amazon.co.jp等でも取扱中。

■『ロック大図鑑UK3大バンドのすべて』 [Amazon.co.jp]

BBSに情報をくださったフーマンさん、ありがとうございました。

▲TOP
【洋雑誌:The Who】UNCUT / OCTOBER 2009
uncut_2009-10.jpg
お知らせが遅くなりましたが、イギリスの音楽誌『UNCUT』2009年10月号の表紙をThe Whoが飾っています。
13ページにわたる特集では、カラー・モノクロ写真がふんだんに使われている中、The Whoの優れた30曲について、RogerとPete及び、Bob PriddenやShel Tamy、Kenny Jonesといった関係者、交友関係のあるミュージシャンからのコメントが寄せられています。

BBSに情報をくださったeiraさん、ありがとうございました。

▲TOP
【洋雑誌:Pete】RECORD COLLECTOR / July 2009
200907rc.jpg
洋雑誌『RECORD COLLECTOR』最新号(July 2009)の表紙をPeteが飾っています。オリジナルアルバム『TOMMY』40周年につき、5ページの特集が組まれています。ただし内容はLou Reiznerのオーケストラ版に焦点が絞られており、Chris Welchの独占インタビューにてPeteが当時の思い出を語っています(*Lou Reizner版のステージを収めた『TOMMY』(1972年作品)は、今回リマスターで再発される)。
Peteはオリジナルの節目について「40周年には興味ない。50周年ならば何か考えるかもしれない。その時は74歳だな」と語っています。

▲TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。