Won't Get Fooled Again * The Who News
The Whoに関する最新ニュース。 by WHO's Generation
プロフィール

WHO's Generation

  • Author:WHO's Generation
  • The Whoのファンサイト"WHO's Generation"内の一コンテンツ

月別アーカイブ

カテゴリー

The Who ライブ予定

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のリリース

[2010]

40周年記念限定盤
11/24(日本盤)

3/24(日本盤)

3/23(US盤)

3/9(DVD輸入盤)

3/9(Blu-ray輸入盤)
[2009]
lisztomania.jpg
12/22(US盤)
lisztomania.jpg
8/26(日本盤SHM)

8/19(日本盤BOX)

8/5(日本版)

8/5(Blu-ray日本版)

4/22(日本盤SHM)

4/22(Blu-ray日本版)

4/1(日本盤DE)

4/1(日本版)

4/1(デラックス版)

4/1(コレクターズ版)

3/17(US盤DE)

2/24(Blu-ray輸入版)
[2008]

12/24(日本盤SHM)

12/19(日本盤)

11/18(US盤)
mygeneration_box.jpg
11/12(日本盤BOX)

11/12(日本盤SHM)

11/12(日本盤SHM)

11/12(日本盤SHM)

11/10(和書)

11/5(日本盤SHM)

11/5(日本盤SHM)

11/5(日本盤SHM)

11/5(日本盤SHM)

11/5(日本盤SHM)

11/5(日本盤SHM)
mygeneration_box.jpg
8/6(日本盤BOX)

8/6(日本盤SHM)

4/14(UK盤)
[2007]

9/13(日本盤)

8/2(日本盤)
[2006]

11/24(日本盤)

11/15(日本盤)

11/8(限定盤)

7/24(UK盤)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


▲TOP
Encore Series 2006
main.jpg2006年ヨーロッパ・ツアーのCDおよびDVDが例年通り「アンコール・シリーズ」としてthemusic.comで発売されることになりました。
現在22公演分の予約を受付中です。(ツアーは全23公演ですが、6/17のLeeds大学でのライブのみこのシリーズには入りません。撮影は行われており、違う形でリリースされる予定です)
売上はチャリティに寄付されます。ラインナップは以下の通り。

■ Deluxe Numbered Road Case (22公演のCDとDVD、特製ロードケース入り)
$1,075.00 USD(約\125,000)

■ CD Collectors Box (22公演のCD、紙製ケース入り)
$525.00 USD(約\61,000) * 各公演をバラで買うよりも3公演分お得

■ DVD Collectors Box (22公演のDVD、紙製ケース入り)
$525.00 USD(約\61,000) * 各公演をバラで買うよりも3公演分お得

■ CD/DVD Combo (1公演分のCDとDVD)
$44.00 USD(約\5,100)

■ DVD (1公演分のDVD)
$27.50 USD(約\3,200)

■ CD (1公演分のCD、2枚組)
$27.50 USD(約\3,200)

※注意! DVDについては、マルチリージョンですがPAL方式です。対応する機器や変換の手段などをお持ちの方のみご注文下さい。方式は撮影が行われた国に従うため、アメリカ・ツアーのDVDはNTSC方式(日本と同じ)になるとのことです。
※公演終了後約4週間で発送されます。(アメリカからなので更に日数がかかります)

詳細・予約はthemusic.comまで。→ themusic.com - ENCORE SHOP

スポンサーサイト
▲TOP
【WebCast:The Who】Hyde Park Calling
WebCastについてNEWSが2つあります。

7月2日(土)のHyde Park Calling(フェスティバル)でのステージは、通常の視聴料0.99USドルで全曲見ることができます。

28日の『IN THE ATTIC』のゲストは、The Zutons。同番組内で、先日のLeeds Wireless Festivalの楽屋裏の映像も流される予定です。

IN THE ATTIC / The Who Live TV

▲TOP
【WebCast:The Who】Europe gigs for £20
The Who Live TVで、今後予定されているヨーロッパ公演全ての視聴が購入できるようになりました。1公演のは視聴料0.99USドルとなります。またヨーロッパ公演全ての視聴を20USドルで購入することも可能です。
これらの収益金はDouble-Oチャリティに寄付されます(*「The Double-O Charity」はThe Whoが1976年から始めたチャリティ活動です)。

IN THE ATTIC / The Who Live TV

▲TOP
【DVD:The Who】'Quadrophenia' & 'Tommy' Live Japanese Edition
tommylive.jpg quadrolive.jpg

5/13のNEWSでお知らせしたDVDの続報です。
昨年末に発売されたDVD『TOMMY AND QUADROPHENIA LIVE with Special Guests (ライブ・コレクション:四重人格&トミー)』から、日本盤としてもDisc1とDisc2が別タイトルでリリースされることになりました。発売予定は8月9日です。

US盤(リージョン1・NTSC)は既に発売になっています。
■ 『TOMMY LIVE』[Amazon.co.jp >> NTSC・リージョン1DVD]
■ 『QUADROPHENIA LIVE』[Amazon.co.jp >> NTSC・リージョン1DVD]

▲TOP
Pete's blog closed again
6/10に再開したPeteのブログですが、「特定の人々による心ないコメント」により再びブログが閉鎖されることになりました。
4章まで進んでいた新しい小説『THE COMEDIAN』の続きや、シングルとアルバムの無料ダウンロード権がどうなるかについては、明らかになっていません。

リンク:Pete's Blog THE BOY WHO HEARD MUSIC

▲TOP
【雑誌:The Who】MOJO Classis
mojo200607.jpg最新のMOJO特別号『MOJO CLASSIC』にThe Whoの特集が組まれています(表紙Pete)。当時の『LIVE AT LEED』の話や、インタビューが再掲載。ライブの写真も載っています。
その他、今号は70年代の音楽を中心に、Bowie、Genesis、Sex Pistols、Rolling Stones、Kate Bush、Pink Floydらも取り上げられています。

なお、6/20付けのPeteの日記によると、Peteは今週、秋に発売予定のアルバムのミキシング作業を行うとのことです。

▲TOP
Smashed Golden Stratocaster for Charity
2004年7月24日のロック・オデッセイ横浜でPeteが破壊したギターが、6/12にEelpieオフィスに届き、Peteがサインしました。金色にスプレーで塗装されたギターは台に固定されており、ツアー中に『IN THE ATTIC』にゲスト出演した人たちがサインを書き入れていくことになります。
ツアー中にギター抽選用のチケット(もしくは抽選番号のようなもの)が売られ、ツアー終了時に当選者が発表される予定。なお、収益金はチャリティへ寄付されます。
詳細は、追って発表されます。

関連ページ:6/12付NEWS

(6/18追記)
抽選チケットは、The Who Live TVサイトより購入が出来ます(THE DOUBLE O LOTTERYをクリックすると詳細が表示されます)。1枚10ドルとなり、購入枚数に制限はありません。

▲TOP
【WebCast:The Who】The Who Live TV
リハーサルやライブステージをネットで放送するため、The Whoの公式ページと『IN THE ATTIC』のコラボレーション・サイトがオープンしました。

現在の放送予定は、6/13の『IN THE ATTIC』(The Whoのリハーサルをライブ放送予定)と、6/17のLeeds公演、Brighton公演となっています。
公演の方は視聴料0.99USドルとなり、これらの収益金はDouble-Oチャリティに寄付されます(*「The Double-O Charity」はThe Whoが1976年から始めたチャリティ活動です)。

IN THE ATTIC / The Who Live TV

▲TOP
Pete's New Blog Book 『THE COMEDIAN』
PeteのBlogが再開し、6/10より新しい小説(Blog Book)の連載がスタートしました。
タイトルは『THE COMEDIAN』。内容は前回の『THE BOY WHO HEARD MUSIC』とまったく異なったものになるようです。

リンク:Pete's Blog THE BOY WHO HEARD MUSIC

▲TOP
Rehearsal on Live Webcast
Rachelのウェブキャスト『IN THE ATTIC』にて、6月13日(火)のリハーサルが生放送されます。番組スタートは現地時間の19:00(日本時間6/14 3:00)。スペシャル・ゲストにはFoy Vanceが迎えられる予定です。

関連サイト:IN THE ATTIC

▲TOP
Rehearsal for the new songs
6/7にKnebworthで行われたHedgestock チャリティーコンサートは無事に終了しました。このライブは3日間のリハーサルの後に行われ、セットリストは従来のもの(新曲を含まない1時間半のセットリスト)でした。

新曲のリハーサルは、今週から行われる予定となっており、この週末が各自の練習時間となるようです。これについてPeteは6月10日付DIARYで「試験前に勉強をする子供のよう」と冗談を書き、今回のツアーで演奏されるだろう曲をいくつか挙げました。

それによると、以前から言われているように、今回のツアーではいくつか珍しい曲が演奏される予定です。ファンからのリクエストにも応え、「Cry If you Want」「Don't Even Know Myself」「Relay」「Getting In Tune」「The Seeker」「Another Tricky Day」「Naked Eye」「Bargain」「Pure And Easy」I'm A Boy」「Tatoo」「Let's See Action」らを急遽練習しているとのことです。
また、ツアー中に何度かはRogerとPete自身が本当に演りたい曲だけでセットリストを作ることも考えられています。これはRolling Stonesから得たアイディアとのことです。

**************************

WHO's Generationでは、2006年ツアーの詳細(前座、セットリストなど)を掲載するページを準備しています。6/17のLeeds公演でオープンさせ、随時更新していく予定です。

▲TOP
【雑誌:The Who】Q magazine / JULY 2006
Q Magazine 2006年7月号(最新号)にて夏のフェスティヴァルの特集が組まれ、The Whoも取り上げられています。内容はRogerのインタビューと、The Whoアンセム10曲のリスト。
Rogerのインタビューはフェスティヴァルと新作に関するQ&Aとなっており、「今まで最高のフェス」や「最悪のフェス」、「フェスで一番の曲」などの質問に答えています。

▲TOP
The Who on Independent
Peteも愛読している英国の新聞Independent紙にThe Whoの記事が掲載されました。Peteの公式サイトのNEWSページで内容を見ることができます。

6/5付NEWS掲載 新作のリリースに関する記事
6/7付NEWS掲載 リーズ大学で再びライブを行うことに関する記事

▲TOP
New Song on BBC Radio 2
maxisingle.jpgイギリスで7/10に発売予定のマキシシングル『WIRE & GLASS』から新曲「Mirror Door」が、一足先にラジオで放送されました。
DJはKen Bruce。曲は木曜の回(6/8)で放送され、今週いっぱいリピート放送で聴くことができます(番組HPの「Listen Again」から「Thu」を選択)。番組HPはコチラ

マキシシングル『WIRE & GLASS』の収録曲は下記の通り。「Mirror Door」は6曲目(ラスト・トラック)となります。
・Sound Round
・Pick Up The Peace
・Endless Wire
・We Got A Hit
・They Made My Dream Come True
・Mirror Door

▲TOP
Who Rehearsals
Peteのサイトの6月1日付DIARYで、同日にThe Whoのリハーサルが行われたことが報告され、画像と動画がアップされました。Simon、Zak、Rogerのコメントのほか、「Anyway Anyhow Anywhere」の一部を聴くことができます。
文章の翻訳はこちら

(追記1)
リハーサルは、ウィンザーにあるBRAY STUDIOSで行われ、昼食をはさんで8、9曲演奏された模様です。

(追記2)
リハーサル2日目は、6/3(土)に行われました。
リハーサル3日目は、6/5(月)に行われました。

▲TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。