Won't Get Fooled Again * The Who News
The Whoに関する最新ニュース。 by WHO's Generation
プロフィール

WHO's Generation

  • Author:WHO's Generation
  • The Whoのファンサイト"WHO's Generation"内の一コンテンツ

月別アーカイブ

カテゴリー

The Who ライブ予定

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のリリース

[2010]

40周年記念限定盤
11/24(日本盤)

3/24(日本盤)

3/23(US盤)

3/9(DVD輸入盤)

3/9(Blu-ray輸入盤)
[2009]
lisztomania.jpg
12/22(US盤)
lisztomania.jpg
8/26(日本盤SHM)

8/19(日本盤BOX)

8/5(日本版)

8/5(Blu-ray日本版)

4/22(日本盤SHM)

4/22(Blu-ray日本版)

4/1(日本盤DE)

4/1(日本版)

4/1(デラックス版)

4/1(コレクターズ版)

3/17(US盤DE)

2/24(Blu-ray輸入版)
[2008]

12/24(日本盤SHM)

12/19(日本盤)

11/18(US盤)
mygeneration_box.jpg
11/12(日本盤BOX)

11/12(日本盤SHM)

11/12(日本盤SHM)

11/12(日本盤SHM)

11/10(和書)

11/5(日本盤SHM)

11/5(日本盤SHM)

11/5(日本盤SHM)

11/5(日本盤SHM)

11/5(日本盤SHM)

11/5(日本盤SHM)
mygeneration_box.jpg
8/6(日本盤BOX)

8/6(日本盤SHM)

4/14(UK盤)
[2007]

9/13(日本盤)

8/2(日本盤)
[2006]

11/24(日本盤)

11/15(日本盤)

11/8(限定盤)

7/24(UK盤)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


▲TOP
【CD:The Who】ENDLESS WIRE 発売日変更
endless.jpg
新作『ENDLESS WIRE』の日本盤発売日が、10月25日から11月1日に変更となりました。
通常盤は2548円(税込)、初回限定盤はボーナスCD付きで2940円(税込)となります。ボーナスCDには2006年7月欧州ツアーのLyon公演より下記の8曲が収録されるようですが、発売前の変更もあるのでご注意下さい。

1. The Seeker /2. Who Are You /3. Mike Post Theme /4. Relay /5. Greyhound Girl /6. Naked Eye /7. Won't Get Fooled Again /8. Old Red Wine(*)

*「My Generation」の誤りの可能性があります。

現在、限定盤・通常盤ともにAmazon.co.jp等で予約受付中。

■ 『エンドレス・ワイヤー』(限定盤)(UICP-9015/6) [Amazon.co.jp]
■ 『エンドレス・ワイヤー』(通常盤)(UICP-1074) [Amazcon.co.jp]

ユニバーサル・インターナショナル:The Whoのページ

スポンサーサイト
▲TOP
【CD:John】MUSIC FROM VAN-PIRES
vanpires.jpg2000年発売のJohnのアルバム『MUSIC FROM VAN-PIRES』が、期間限定で公式サイトTHE OXより購入できます。売上は全てThe John Entwistle Foundationに寄付されます。

このアルバムは当時、公式サイトとライブ会場のみでの販売。後にPulsar Recordで取り扱われていましたが、現在は廃盤。今回の公式サイトからの購入を逃すと、在庫は無いとのことです。

John Entwistle公式サイト:THE OX

当サイトでのアルバム・レビューはコチラ
このアルバムの4曲目「Bogeyman」ではKeith Moonのドラミングが使用されています。

▲TOP
【洋雑誌:John】Guitar World's BASS GUITAR
bassguitar200610.jpg洋雑誌『GUITAR WORLD'S BASS GUITAR』最新号の表紙をJohnが飾っています。
内容は、先月発売されたJohnのドキュメンタリー『AN OX'S TALE』のレビューや、JohnのデザインしたBuzzardベースについて等。

サイト:GUITAR WORLD


▲TOP
【洋書:The Who】33 1/3シリーズ『THE WHO SELL OUT』
3313.jpg過去40年にリリースされたアルバムの中から重要な作品を各バンドから1枚厳選しシリーズ化している『33 1/3』に、とうとうThe Whoのアルバムが登場しました(2006年9月15日発売)。アルバムは『THE WHO SELL OUT』、著者はJohn Douganです。

■ 『THE WHO SELL OUT (33 1/3)』 [Amazon.co.jp]


参考までに、過去に出版された『33 1/3』のアーティスト&アルバムの一部を下記に紹介します。
・The Beatles『LET IT BE
・The Beach Boys『PET SOUNDS
・Jimi Hendrix『ELECTRIC LADYLAND
・The Kinks『THE KINKS ARE THE VILLAGE GREEN PRESERVATION SOCIETY
・Pink Floyd『THE PIPER AT THE GATES OF DAWN
・Rolling Stones『EXILE ON MAIN STREET
・Bob Dylan『HIGHWAY 61 REVISITED
・David Bowie『LOW
・The Band『MUSIC FROM BIG PINK
・ABBA『ABBA GOLD
・R.E.M.『MURMUR
・Pixies『DOOLITTLE
・The Smiths『MEAD IS MURDER
・My Bloody Valentine『LOVELESS
・Radiohead『OK COMPUTER


▲TOP
【DVD:The Who】WHO'S BETTER WHO'S BEST
thunderfingers.jpg
1988年、バンド結成25周年を記念して発売された映像集『WHO'S BETTER WHO'S BEST』が、あらたにボーナス映像(クリップ「Don't Let Go The Coat」「Eminence Front」、ジュークボックス)を加え、DVDで再発されます。映像はデジタル処理され、音声もリマスター(5.1DTS、5.1ドルビー・サラウンド、PCMステレオ)されるとのことです。
発売は11月15日を予定。現在、Amazon.co.jp等で予約受付中。

■ フーズ・ベター、フーズ・ベスト [Amazon.co.jp(DVDリージョン2)]

当サイトでのVHS版レビューはコチラ

▲TOP
【CD:The Who】日本独自企画『エキサイティング・ザ・フー』他
endless.jpg imaboy.jpg

11月22日、日本独自企画盤として、当時グラモフォンから発売された『アイム・ア・ボーイ』(1967年)と『エキサイティング・ザ・フー』(1968年)が、初回限定帯付き紙ジャケ仕様でリリースされます。収録曲は下記の通り。

『アイム・ア・ボーイ』 
1. アイム・ア・ボーイ /2. ラン・ラン・ラン /3. 恋はヒートウェーブ /4. ボリスのくも野郎 /5. アイ・ニード・ユー /6. 恋のサークル /7. ウィスキー・マン /8. イン・ザ・シティ /9. ふりむかないで /10. 恋のマイ・ウェイ /11. くもの巣と謎 /12. ディスガイズ
 
『エキサイティング・ザ・フー』 
1. ハッピー・ジャック /2. リリーのおもかげ /3. 恋のピンチ・ヒッター /4. 寂しい別れ /5. ドクター・ドクター /6. ワルツ・フォー・ア・ピッグ /7. ザ・ラスト・タイム /8. 俺の指図で /9. ソー・サッド・アバウト・アス /10. ア・クイック・ワン

現在Amazon.co,jp等で、予約受付中。

■ 『アイム・ア・ボーイ』(UICY-93167) [Amacon.co.jp]
■ 『エキサイティング・ザ・フー』(UICY-93168) [Amacon.co.jp]

▲TOP
【DVD:John】インタビューDVD『THUNDERFINGERS』
thunderfingers.jpg
JohnのインタビューDVD『THUNDERFINGERS: A Tribute to the legendary John Entwistle of The Who』が、10月31日に発売されます。現在、Amazon.co.jp等で予約受付中。

イギリス・Cotswolds地方のQuarwoodにある自宅で取られたJohnのインタビューを収録。独自の演奏法についてユーモアと情熱をこめて語り、自宅にあるベースギターのコレクションも披露。キャリアを通してのバンド仲間との想い出にも話はおよびます。また、20世紀最高のベーシストJohn Entwistleについて、Rick Wakeman、Lemmi(Motorhead)、Bill Curbishley(The Whoのマネージャー)、Philip Spalding、Dave Lambert (The Strawbs)、Jeff 'Skunk' Baxter(Steely Dan)、Johnの家族らのインタビューも収録されています。

■ THUNDERFINGERS [Amazon.co.jp(DVDリージョン1)]

▲TOP
【Award:The Who】 Freddie honour for The Who
The Whoが「Freddie Mercury Lifetime Achievement Award」を受賞しました。

この賞は今年イギリスでスタートした13部門から成る「Vodafone Live Music Awards」の内のひとつで、故Freddie Mercuryのライブ・ミュージックに対する貢献を記念して創設されたものです。
また、The Whoは「Best Live Return」部門にもDepeche Mode、Pink Floyd、Take Thatと共にノミネートされています。
授賞式は10月11日にロンドンで行われる予定です。

▲TOP
【CD:The Who】新作 & 旧作
endless.jpg
新作『ENDLESS WIRE』の日本盤発売日10月25日にあわせ、過去のカタログが廉価版として再発されます。1枚組CDは1680円(税込)、2枚組CDは2780円(税込)となります。
新作と共に、現在Amazon.co,jp等で、予約受付中。

■ 『エンドレス・ワイヤー』(限定盤)(UICP-9015/6) [Amacon.co.jp]
■ 『エンドレス・ワイヤー』(通常盤)(UICP-1074) [Amacon.co.jp]

■ 『ア・クイック・ワン+10』(UICY-6515) [Amacon.co.jp]
■ 『ザ・フー・セル・アウト+10』(UICY-6516) [Amacon.co.jp]
■ 『ロック・オペラ“トミー”』(UICY-6517) [Amacon.co.jp]
■ 『ライヴ・アット・リーズ~25周年エディション』(UICY-6518) [Amacon.co.jp]
■ 『フーズ・ネクスト+7』(UICY-6519) [Amacon.co.jp]
■ 『四重人格』(UICY-6520~1) [Amacon.co.jp]
■ 『オッズ&ソッズ+12』(UICY-6522) [Amacon.co.jp]
■ 『ザ・フー・バイ・ナンバーズ+3』(UICY-6523) [Amacon.co.jp]
■ 『フー・アー・ユー+5』(UICY-6524) [Amacon.co.jp]
■ 『フェイス・ダンシズ+5』(UICY-6525) [Amacon.co.jp]
■ 『イッツ・ハード+4』(UICY-6526) [Amacon.co.jp]
■ 『フーズ・ラスト』(UICY-6527~8) [Amacon.co.jp]
■ 『BBCセッションズ』(UICY-6529) [Amacon.co.jp]
■ 『「トミー」オリジナル・サウンドトラック』(UICY-6530~1) [Amacon.co.jp]
■ 『「さらば青春の光」オリジナル・サウンドトラック』(UICY-6532) [Amacon.co.jp]

▲TOP
【CD:The Who】 『ENDLESS WIRE』曲目発表
アルバム『ENDLESS WIRE』の曲目がPeteの公式サイトで発表されました。

1. Fragments /2. Man In A Purple Dress /3. Mike Post Theme /4. In The Ether /5. Black Widow's Eyes /6. Two Thousand Years /7. God Speaks To Marty Robbins /8. It's Not Enough /9. You Stand By Me /10. Sound Round /11. Pick Up The Peace /12. Unholy Trinity /13. Trilby's Piano /14. Out On The Endless Wire /15. Fragments Of Fragments /16. We Got A Hit /17. They Made My Dreams Come True /18. Mirror Door /19. Tea & Theatre

1曲目の「Fragments」はPeteの新しい試みである「Method music」というソフトウェアを使って作曲されたものとのことです。また、3曲目の「Mike Post Theme」をはじめ、多くの曲が2006年のツアーで既に演奏されています。

(9月15日修正・追記)
アルバムの発売予定日は日本盤が10/25、US盤が10/30、UK盤が10/31です。
Richard Evansによるジャケットデザインは以下の通り。

endless.jpg

(関連記事)
ザ・フー最新作、詳細判明!日本では過去作も低価格で同時発売(CD Journal)

▲TOP
【ラジオ:The Who】 The Who Channel
9月21日に米国の衛星デジタルラジオ放送局Sirius Satellite Radio社により、The Who専門のラジオ・プログラムがスタートすることになりました。

Sirius Satellite Radio- The Who Channel

下記のようなものになる予定です。

・24時間The Whoだけを取り上げるプログラム
・PeteとRogerがプロデュース
・メンバーの独占インタビュー
・KeithやJohnがいる頃を含むライブ映像、バックステージの様子を放送
・現在進行中のUSツアーのライブを放送
・Rachel Fullerによるバックステージ・レポート

なお、日本ではラジオとして視聴することはできませんが、ウェブ上で3日間の無料試聴が可能のようです。(未確認)
上記ページ内「Try SIRIUS for free」をクリックすると、名前やメールアドレスを入力するページが開き、登録ができます。

▲TOP
【Website:The Who】The Who's SQUEEZE BOX
squeezebox.jpg

北米ツアー開始を際し、公式サイトthewhotour.comに新しいコンテンツ「The Who's SQUEEZE BOX」がオープンしました。
そこでは、ツアーの日程、セットリスト、写真、Justinによるビデオ映像、ファンによる写真、過去のライブのブート映像・公式映像などが公開されています。

thewhotour.comの右側にある「The Who's SQUEEZE BOX」のロゴをクリックすると入ることができます。

サイト:thewhotour.com

▲TOP
【その他:Website】Matt Kent Photography
1998年から2006年ツアー開始まで、Peteの公式サイトの管理人として、またThe Whoのコンテンツのまとめ役としてEelpieで活躍していたMatt Kentの公式サイトができました。

彼が過去のThe Whoツアーダイアリーで紹介していたバンドの写真などもアーカイブで見ることができます。

サイト:Matt Kent Photography

▲TOP
【ライブ:The Who】Updated North American Tour
北米ツアーに、新たに1214公演が追加されました(9月12日)。

09/12 : Wachovia Center - Philadelphia PA US
09/13 : Jones Beach Theater - Wantagh NY US
09/15 : Scotia Place - Ottawa ON CA
09/16 : TD Bank North Garden - Boston MA US
09/18 : Madison Square Garden - New York NY US
09/19 : Madison Square Garden - New York NY US
09/21 : PNC Bank Arts Center - Holmdel NJ US
09/23 : Pimlico Race Course - Baltimore MD US [V Festival]
09/25 : United Center - Chicago IL US
09/26 : Wells Fargo Center - Des Moines IA US
09/29 : Palace at Auburn Hills - Detroit MI US
09/30 : John Labatt Centre - London ON CA
10/03 : MTS Centre - Winnipeg MB CA
10/05 : Pengrowth Saddledome - Calgary AB CA
10/06 : Rexall Place - Edmonton AB CA
10/08 : GM Place - Vancouver BC CA
10/10 : Rose Garden - Portland OR US
10/11 : Key Arena - Seattle WA US

11/04 : Hollywood Bowl - Los Angeles CA US
11/05 : Hollywood Bowl - Los Angeles CA US
11/08 : HP Pavillion - San Jose CA US
11/10 : Mandalay Bay - Las Vegas NV US
11/11 : Indian Wells Tennis Garden - Indian Wells CA US
11/13 : Delta Center - Salt Lake City UT US
11/14 : Pepsi Center - Denver CO US
11/17 : American Airlines Center - Dallas TX US
11/18 : Toyota Center - Houston TX US
11/20 : Bank Atlantic Center - Miami FL US
11/22 : Gwinnett Center - Atlanta GA US
11/24 : Borgata - Atlantic City NJ US
11/25 : Wachovia Center - Philadelphia PA US
11/27 : Giant Center - Hershey PA US
12/01 : Mohegan Sun - Uncasville CT US
12/05 : Van Andel Arena - Grand Rapids MI US
12/07 : Qwest Center - Omaha NE US
12/08 : Xcel Energy Center - Minneapolis MN US
12/11 : Value City Arena - Columbus OH US

チケットの販売状況などは、www.thewhotour.comの「TICKETS」をご参照下さい。

▲TOP
【映像:The Who】First look at Who Rehearsals!
9/12からスタートする北米ツアー第1タームに向けて、The Whoのメンバー及びスタッフは9月1週目にNYに移動し、リハーサルを開始しました。

そのリハーサルにて「Mirror Door」を演っている様子を、thewhotour.comで見ることが出来ます。9/9付けのNEWSから、視聴メディア(QuickTime / RealPlayer)を選択して見て下さい。

リンク:TheWhoTour.com

(9/11追記)
同リハーサルの写真は、Yahoo.comにも掲載されています(8枚)。
リンク:Yahoo.com

▲TOP
【雑誌:The Who】「大人のロック!」2006年秋号
現在発売中の雑誌『大人のロック!』2006年秋号(日経BP社発行)で、The Whoの特集が6ページに渡って組まれています。
「ザ・フー 再始動!」と題された記事では、本格的に活動を再開したのに合わせて今までの歴史を振り返る形となっています。またミュージシャンのROLLYのThe Whoに関するインタビューや、オリジナルアルバムの簡単なディスコグラフィーも掲載されています。
全国の書店で発売中。

日経BP社「大人のロック!」


▲TOP
【その他:旅行】ハリウッドボウル コンサート鑑賞ツアー
スカパー・CS放送などで「大人の音楽専門TV」としてお馴染みのチャンネルMusic Airが、新たに音楽ファン向けのイベント等を企画する「ミュージックエア・クラブデューク」を立ち上げました。
まず「ビジネスクラスで行く『クラブデューク音楽ツアー』」が2種類発表されましたが、その第2弾として、「THE WHO(ザ・フー)LAハリウッドボウル コンサート鑑賞」ツアーの募集が始まっています。
こちらは11/3~11/8の4泊6日の旅行で、11/4のThe WhoのHollywood Bowlでのコンサートを見るほか、キャピタルレコードスタジオ見学やギターミュージアムの見学等も行程に含まれています。

ツアー参加料金は席種により、585,000円と552,000円の2種類あります。(どちらも飛行機はビジネスクラス利用)

詳しくはMusic Air、またはJTBのサイトをご覧下さい。

▲TOP
【DVD:映画】『さらば青春の光』スペシャル・エディション
quadropheniafilm_jpn.jpg
既に海外版が発売されている映画『さらば青春の光』のスペシャル・エディションの日本版の発売が決まりました。発売予定は11月30日。現在、Aamzon.co.jp等で予約受付中。

スペシャル・ディションには、監督Franc Roddam、Jimmy役Phil Daniels、Steph役Leslie Ashのオーディオコメンタリーが入ります。また、Disc2には、映画製作当時の25年前をふりかえったドキュメンタリー「A Way of Life: Making Quadrophenia」と、監督がロケ地をめぐる「On Location with Franc」が収録されています。
本サイトでの海外版のレビューは、コチラ

■ 『さらば青春の光 スペシャル・エディション』[Amacon.co.jp]

▲TOP
【TV:Roger】50歳記念コンサートをTV放送
スカパー、ケーブルTVなどで視聴できるチャンネル「Music Air」にて、1994年に行われたRogerの50歳誕生日記念コンサートが放送されます。
TV放送でのタイトルは『ロジャー・ダルトリー&フレンズ・ライヴ』となります。
このコンサートは、「A CELEBRATION : Music of Pete Townshend & the Who」というタイトルですでにDVD化もされているものです。

放送予定日は次の通りです。
 ・9月17日(日):21:00~22:30
 ・9月29日(金):22:00~23:30(再放送)

Music Air
(「WHO's Generation」サイト内の解説はこちら


(9/2追記)
また、NHK衛星第2では、デジタルリマスター版『キッズ・アー・オールライト』が放送されます。
放送予定日は次の通りです。
 ・9月6日(水):24:50~26:40(Gコード: 15881026)

BSオンライン

▲TOP
【CD:Pete, Roger】過去のソロアルバムUS盤CDが発売
PeteおよびRogerのソロ作品のUS盤リマスターCDが8/29に発売されました。
Peteのソロについては、ボーナストラックはすでに発売済のUK盤とほぼ同じで、一部の作品のみ日本盤と異なる曲が収録されています。
また『ROUGH MIX』は、リマスターCDにプラスしてDVDがついたデュアル・ディスクとなりました。DVDではアルバム曲が5.1chサラウンドで聞くことができる他、セッション風景の写真や関係者のインタビュー等も収録されています。
Rogerのソロについては、ボーナストラックは2005年7月リリースのUK盤と同じものです。
現在Amazon.co.jp等で販売中。(Peteのソロは日本盤と異なるボーナストラックのみ下記に表示)

■ WHO CAME FIRST [Amazon.co.jp >> US盤]
■ ROUGH MIX (Dual Disc) [Amazon.co.jp >> US盤]
■ EMPTY GLASS [Amazon.co.jp >> US盤]
■ SCOOP [Amazon.co.jp >> US盤]
■ ALL THE BEST COWBOYS HAVE CHINESE EYES [Amazon.co.jp >> US盤]
 1. Vivienne
 2. Man Watching
 3. Dance It Away
■ WHITE CITY [Amazon.co.jp >> US盤]
 1. Night School
 2. Save It For Later
 3. Hiding Out(12"mix)
■ DEEP END LIVE! [Amazon.co.jp >> US盤]
■ THE IRON MAN [Amazon.co.jp >> US盤]
 1. I Eat Heavy Metal(demo)
■ PSYCHODERELICT [Amazon.co.jp >> US盤]
 1. Psychomontage
■ ANOTHER SCOOP [Amazon.co.jp >> US盤]
■ SCOOP3 [Amazon.co.jp >> US盤]
-----------------------------------------------------------
■ DALTREY [Amazon.co.jp >> US盤]
■ RIDE A ROCK HORSE [Amazon.co.jp >> US盤]
■ ONE OF THE BOYS [Amazon.co.jp >> US盤]

▲TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。