Won't Get Fooled Again * The Who News
The Whoに関する最新ニュース。 by WHO's Generation
プロフィール

WHO's Generation

  • Author:WHO's Generation
  • The Whoのファンサイト"WHO's Generation"内の一コンテンツ

月別アーカイブ

カテゴリー

The Who ライブ予定

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のリリース

[2010]

40周年記念限定盤
11/24(日本盤)

3/24(日本盤)

3/23(US盤)

3/9(DVD輸入盤)

3/9(Blu-ray輸入盤)
[2009]
lisztomania.jpg
12/22(US盤)
lisztomania.jpg
8/26(日本盤SHM)

8/19(日本盤BOX)

8/5(日本版)

8/5(Blu-ray日本版)

4/22(日本盤SHM)

4/22(Blu-ray日本版)

4/1(日本盤DE)

4/1(日本版)

4/1(デラックス版)

4/1(コレクターズ版)

3/17(US盤DE)

2/24(Blu-ray輸入版)
[2008]

12/24(日本盤SHM)

12/19(日本盤)

11/18(US盤)
mygeneration_box.jpg
11/12(日本盤BOX)

11/12(日本盤SHM)

11/12(日本盤SHM)

11/12(日本盤SHM)

11/10(和書)

11/5(日本盤SHM)

11/5(日本盤SHM)

11/5(日本盤SHM)

11/5(日本盤SHM)

11/5(日本盤SHM)

11/5(日本盤SHM)
mygeneration_box.jpg
8/6(日本盤BOX)

8/6(日本盤SHM)

4/14(UK盤)
[2007]

9/13(日本盤)

8/2(日本盤)
[2006]

11/24(日本盤)

11/15(日本盤)

11/8(限定盤)

7/24(UK盤)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


▲TOP
【ライブ:The Who】Glastonbury 07
噂されていたGrastonbury Festival 07への出演に関して、「出演契約が結ばれ、おそらく最終日に出演するだろう」とオフィシャルサイトに発表されました。
Grastonbury Festivalはイングランド南西部のGrastonburyの農場で、6月末の週末に開かれるフェスティバルです。今年の日程は、6月22、23、24日となっています。

サイト:GRASTONBURY FESTIVAL

スポンサーサイト
▲TOP
【CD:Pete】David Bowie作品の紙ジャケ化
scary.jpg pinups.jpg


Peteが参加したDavid Bowieの作品『SCARY MONSTERS』(1980年発表)が、3月7日に紙ジャケ化で再発されます。Pete参加曲は「Because You're Young」です。現在、Amazon.co.jp等で予約受付中。
また、同紙ジャケ・シリーズとして、『PINUPS』が既に発売されています。この作品ではBowieがThe Whoの「I Can't Explain」と「Anyway Anyhow Anywhere」をカバーしています。

■ CARY MONSTERS [Amazon.co.jp]
■ PINUPS [Amazon.co.jp]


▲TOP
【ライブ:The Who】2007 北米ツアー
The Whoの2007年のツアー日程の一部が発表されました。
現在、アメリカの3公演が確定しています(11/4)。

02/23 : Events Center - Reno NV US
02/25 : Save Mart Center - Fresno CA US
02/26 : Long Beach Arena - Long Beach CA US
02/28 : US Airways Arena - Phoenix AZ US
03/01 : I PAY ONE Center - San Diego CA US
03/05 : Sears Center - Chicago IL US
03/08 : Verizon Center - Washington DC US
03/09 : The Borgata - Atlantic City NJ US
03/11 : Nassau Coliseum - Uniondale NY US
03/13 : Ford Amphitheater - Tampa FL US
03/17 : Foro Sol - Mexico City, Mexico
03/21 : San Carlos de Apoquindo - Santiago, Chili
03/24 : River Plate Stadium - Buenos Aires, Argentina

チケットの販売状況などは、www.thewhotour.comの「TICKETS」をご参照下さい。

(11/22追記)
南米Mexico City公演が追加されました。

(11/28追記)
US 4公演が追加されました。

(12/5追記)
US 2公演が追加されました。

(1/9追記)
US 1公演が追加されました。

(1/15追記)
南米Buenos Aires公演が追加されました。

(1/29追記)
南米Santiago公演が追加されました。

※かなり追加・中止が増えたので新規記事にまとめました。

▲TOP
【雑誌:John】BASS MAGAZINE 2007年2月号
『BASS MAGAZINE』2007年2月号で、「現行モデルで再現するジョン・エントウィッスル・サウンド」としてJohnの特集記事が掲載されています。
Johnの活動期間を初期から晩年までの8期に分け、使用機材を解説するとともに、現在入手しやすい機材を使用してサウンドを再現しており、付属CDでその音を確認することができます。またJohnのソロ活動期のDVDの解説もあり、Johnファンには嬉しい特集です。

ウェブサイト:リットーミュージック

▲TOP
【雑誌:Pete】GOLDMINE / 2007 Feb
洋雑誌『GOLDMINE』(2007 Feb.)の表紙をPeteが飾っています。
Peteのインタビューほか、名盤『WHO'S NEXT』の特集が組まれています。

サイト:GOLDMINE

▲TOP
【雑誌:Pete】GUITAR MAGAZINE 2007年2月号
『GUITAR MAGAZINE』2007年2月号(表紙Derek Trucks)で、「英国ロック界の至宝、ピートタウンゼンド特集」としてPeteの特集記事が掲載されています。
記事の構成は、Peteのメールインタビュー(3P)、「ENDLESS WIREを深く楽しむ為のキーワードを読み解く」コラム(1/2P)、「WHO'S BETTER WHO'S BEST」および「ワイト島ライブ」のDVDを例に取った使用機材の遍歴(1P)、新作の説明と一部作品解説(1P)、ザ・コレクターズの古市コータローのインタビュー(1P)、「ピートタウンゼンド大旋風奏法」と題するI Can't Explain他の6曲のスコア付き解説(3P)の全11ページです。

なお、Peteのインタビューで「今年の秋にはまた日本に行く予定」とありますが、同じインタビュー内に「ザックはいつでもフーに入りたがっていて、今や晴れてバンドの一員になった」との表現もあります。Peteは2006年12月4日のダイアリーで「Zakに正式メンバーになるようオファーしたが、それはZakの望むことではなかった」「今回のツアーは秋まで続く予定だったが7月に終了する見込み。日本とオーストラリアのツアーは先送りになると思う」と表明しているので、このインタビューはそれ以前に行われたものと思われ、秋の来日というのは実現性が低いと考えられます。

ウェブサイト:リットーミュージック
■ GUITAR MAGAZINE 2007年2月号 [Amazon.co.jp]

▲TOP
【ライブ:Simon】Sundance Film Festival 07
Sundance Film Festivalの期間中、1月21日と22日に、Simonがソロで出演します。
会場はユタ州Park CityのThe Star Bar。出演時間は、両日とも16時30分から。

期間中のSimon以外の出演予定アーティストは、A Fine Frenzy、Sarah Bareilles、Marc Black、 Michael Brook、Donovan、Far*East Movement、Gran Bel Fisher、Emerson Hart、Greg Laswell、Eric Lewis、Jon McLaughlin、James Morrison、Alexi Murdoch、Dana Parish with Andrew Hollander、Chuck Prophet、Joe Purdy、Ron Sexsmith、Silversun Pickups、Jill Sobule & Julia Sweeney、Sparta、Annie Stela、The Album Leaf、The Bird and The Bee、Rosie Thomas。

サイト:SUNDANCE FILM FESTIVAL 07

▲TOP
【雑誌:Pete】PLAYER 2007年2月号
『PLAYER』2007年2月号(表紙Eric Clapton)に、Peteのインタビューが掲載されています。特別付録の2007年カレンダーにもThe Whoが入っています。

サイト:PLAYER ON-LINE
■ PLAYER 2007年2月号 [Amazon.co.jp]

▲TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。