Won't Get Fooled Again * The Who News
The Whoに関する最新ニュース。 by WHO's Generation
プロフィール

WHO's Generation

  • Author:WHO's Generation
  • The Whoのファンサイト"WHO's Generation"内の一コンテンツ

月別アーカイブ

カテゴリー

The Who ライブ予定

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のリリース

[2010]

40周年記念限定盤
11/24(日本盤)

3/24(日本盤)

3/23(US盤)

3/9(DVD輸入盤)

3/9(Blu-ray輸入盤)
[2009]
lisztomania.jpg
12/22(US盤)
lisztomania.jpg
8/26(日本盤SHM)

8/19(日本盤BOX)

8/5(日本版)

8/5(Blu-ray日本版)

4/22(日本盤SHM)

4/22(Blu-ray日本版)

4/1(日本盤DE)

4/1(日本版)

4/1(デラックス版)

4/1(コレクターズ版)

3/17(US盤DE)

2/24(Blu-ray輸入版)
[2008]

12/24(日本盤SHM)

12/19(日本盤)

11/18(US盤)
mygeneration_box.jpg
11/12(日本盤BOX)

11/12(日本盤SHM)

11/12(日本盤SHM)

11/12(日本盤SHM)

11/10(和書)

11/5(日本盤SHM)

11/5(日本盤SHM)

11/5(日本盤SHM)

11/5(日本盤SHM)

11/5(日本盤SHM)

11/5(日本盤SHM)
mygeneration_box.jpg
8/6(日本盤BOX)

8/6(日本盤SHM)

4/14(UK盤)
[2007]

9/13(日本盤)

8/2(日本盤)
[2006]

11/24(日本盤)

11/15(日本盤)

11/8(限定盤)

7/24(UK盤)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


▲TOP
【雑誌:The Who】週刊新潮 2008年12月4日号
20081204shincho.jpg
11/27発売の『週刊新潮』(2008年12月4日号)に掲載されている2ページの連載コラム「福田和也の闘う時評」で、The Whoが話題になっています。タイトルは“「ザ・フー」に舞い上がる”。
一ファンとして実際に11/17の武道館公演に足を運んだ文芸評論家の福田氏が、興奮と感動をもってライブを味わった様子が伝わってくる文章です。なお同コラムでは以前にもThe Whoが取り上げられていました。

■『週刊新潮』(2008年12月4日号) 定価:320円 (税込)

関連サイト:週刊新潮

スポンサーサイト
▲TOP
【DVD:The Who】 THE WHO AT KILBURN 1977
11/8からシアターN渋谷でレイトショーが始まる『ライブ・アット・キルバーン』のアメリカ盤がDVDとブルーレイでImage Entertainmentより発売されます。発売予定日は11/18。全138分の2枚組で、ボーナス・ディスクとして1969年のロンドン・コロシアム公演が収められるとのことです。

なおamazonの表記によるとDVDはリージョン1となっており、国内のプレーヤーでは再生できません(ブルーレイは再生可能)。
(※11/28追記:現在、『DVDも日本のプレーヤーで再生できた(ただし英語字幕等はなし)』とのコメントがamazonに寄せられています。掲示板に情報を下さった僧ちゃんさん、ありがとうございました)
Richard Barnes、Richard Evans等によるライナーノートが付きます。

公式サイトではトレイラーや写真、アメリカでのイベント告知等を見ることができます。

■THE WHO AT KILBURN 1977(DVD)[Amazon.co.jp]¥2,524
■THE WHO AT KILBURN 1977(ブルーレイ)[Amazon.co.jp]¥3,029

発売元のウェブサイトに掲載されている曲目は下記の通り。
Disc 1: [Kilburn] 1. I Can't Explain /2. Substitute /3. Baba O'Rilley /4. My Wife/Going Mobile /5. Behind Blue Eyes /6. Dreaming From The Waist /7. Pinball Wizard /8. I'm Free /9. Tommy's Holiday Camp /10. Summertime Blues /11. Shakin' All Over /12. My Generation /13. Join Together /14. Who Are You /15. Won't Get Fooled Again
[London Coliseum] 16. Heaven and Hell/ 17. I Can't Explain/ 18. Fortune Teller/ 19. Tattoo/ 20. Young Man Blues/ 21. A Quick One While He's Away/ 22. Happy Jack/ 23. I'm A Boy/ 24. I'm Free/ 25. Tommy's Holiday Camp/ 26. See Me Feel Me/27. Summertime Blues/28. Shakin' All Over/29. My Generation

Disc 2: [London Coliseum他] 1. A Quick One While He's Away/ 2. Overture/ 3. It's A Boy/ 4. 1921/ 5. Amazing Journey/ 7. Christmas/ 8. Acid Queen/ 9. Pinball Wizard/10. Do You Think It's Alright/ 11. Fiddle About/12. Tommy Can You Hear Me?/ 13. There's A Doctor/ 14. Go to The Mirror/ 15. Smash The Mirror/ 16. Miracle Cure/ 17. Sally Simpson/ 18. Tommy's Holiday Camp/ 19. I'm Free/ 20. We're Not Gonna Take It

▲TOP
Jimmy's Lambretta
jimmybike.jpg
映画『QUADROPHENIA(さらば青春の光)』で主人公のJimmy Cooperが乗っていたスクーター(Lambretta)が、11月25日のBonhamオークションに出品され、36,000ポンドで落札されました。
コンディションなどの詳細は、コチラ

Bonhamウェブサイト:www.bonhams.com


▲TOP
【ライブ:The Who】さらなるオーストラリア公演発表
先日発表されたF1オーストラリアGPでのイベント出演以外に、新たなオーストラリア公演が発表になりました。現在決定しているニュージーランド公演と豪州ツアーの日程は下記の通りです(赤字が今回追加決定の日程)。

2009年
03/21(土)Auckland(New Zeland), North Harbour Stadium [詳細]
03/24(火)Brisbane(Queensland/AU), Brisbane Entertainment Centre ★
03/26(木)Adelaide(South Australia/AU), Adelaide Entertainment Centre ★

03/29(日)Melbourne(Victoria/AU)[F1 Australian GP] [詳細]
03/31(火)Sydney(New South Wales/AU), Acer Arena ★
04/04(火)Perth(Western Australia/AU), Equity Stadium


今回追加決定された公演のチケットの取扱いは ticketek.com.au にて(Perth公演のみ ticketmaster.com.au)、12/3に発売となります。thewho.comの先行発売は追って発表されるようです。

なお、先に発表されていたニュージーランド公演とF1 GPイベントへの出演については、上記日程横の[詳細]をクリックして下さい。各公演発表時のNEWSページが開きます。

(11/25追記)
★印の公演について、thewho.comの会員は先行発売でチケットを購入することができます。
先行発売期間:11/28(金)12時~11/30(日)17時(会場の現地時間)
*ただし、先行発売分が売り切れた場合は、期間を切り上げて終了します。


▲TOP
【CD:The Who関連】『シンフォニック・ザ・フー』日本盤SHM-CDで再発
廃盤になっていた『WHO’S SERIOUS: Symphonic Music of The Who(シンフォニック・ザ・フー)』(1998年)の日本盤が、SHM-CDで12/24に再発される予定です。
The Whoの楽曲(『TOMMY』『QUADROPHENIA』)をロンドン・フィルが演奏した本作には、プロデューサーとしてJon Astley、共同プロデューサーとしてBilly Nicholsが関わっており、Rabbit、Simon、Zakも参加しています。収録曲は下記の通り。

1. Overture /2. I Can See For Miles /3. Pinball Wizard / See Me Feel Me /4. My Generation /5. Dr. Jimmy /6. Baba O'Riley /7. 5:15 /8. Love Reign O'er Me /9. Who Are You /10. Listening To You (from We're Not Going To Take It)

今回は“シンフォニック・ブリティッシュ・ロック SHM-CDシリーズ”ということで、The Who x ロンドン・フィル以外に、Pink Floyd x ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団、Jethro Tull x ロンドン交響楽団など5タイトルが再発されます(Pink Floyd以外はメンバーの参加あり)。現在、Amazon.co.jp等で予約受付中。

■『シンフォニック・ザ・フー』 [Amazon.co.jp]
■『シンフォニック・ジェスロ・タル』 [Amazon.co.jp]
■『シンフォニック・ピンク・フロイド』 [Amazon.co.jp]
■『シンフォニック・イエス』 [Amazon.co.jp]
■『シンフォニック・ジェネシス』 [Amazon.co.jp]

▲TOP
【ラジオ:Roger】 InterFM Rogerインタビュー放送
音楽専門FMラジオ局、InterFM(76.1MHz)の番組「ザ DAVE FROMM SHOW」でRogerのインタビューが2日にわたって放送されます。
前半(11/18・火)は既に終了しましたが、翌日11/19(水)に後半が放送されます。
また、11/18には「Who Are You」等が流され、インタビューと合わせてThe Whoの曲も楽しめるようです。

ザ DAVE FROMM SHOW
DJ: Dave Fromm
月~金 15:00-18:00

また、同局では映画『ザ・フー:アメイジング・ジャーニー』の劇場鑑賞券・オリジナル缶バッジを25組50名様にプレゼントする企画も行われています。詳細はこちら

▲TOP
【雑誌:The Who】レコード・コレクターズ 2008年12月号
recordc200812.jpg
The Whoが表紙を飾る『レコード・コレクターズ』2008年12月号が発売されました。
先日発売された『マイ・ジェネレイション』BOXと『ア・クイック・ワン』BOXの特典ミニチュア紙ジャケの詳細(カラー写真)、『LIVE AT LEEDS』の原盤徹底比較、オフィシャル音源で振り返るライブの軌跡、現在のThe Whoを支えるサポートメンバーの紹介など、約30ページにわたる特集。

■『レコード・コレクターズ』2008年12月 [Amazon.co.jp]


▲TOP
【TV:The Who】 The Who関連TV報道
現在来日中のThe Whoが下記のTV番組で取り上げられる予定です。
番組中の何時ごろに登場するか、また詳しい内容等は不明です。

11月14日(金)
23:55~24:55 NEWS ZERO(日本テレビ)

11月15日(土)
06:00~08:30 めざましどようび(フジテレビ)
22:00~23:24 情報7daysニュースキャスター(TBS)
         ※PeteRogerのインタビューが放映される予定

(※11/15追記)
「めざましどようび」には取り上げられなかったようです。失礼しました。下記の番組の可能性もあります。
09:55~10:45 めざましどようびメガ(フジテレビ)
(再追記)
「めざましどようびメガ」でもThe Whoの報道はありませんでした。不正確な情報を掲載し、申し訳ありません。
「めざましどようび」での放送予定はありましたが、進行状況により割愛され、収録されていた素材は11/17(月)の「めざましテレビ」(エンタメコーナー)で使われた、ということだったようです。

▲TOP
【雑誌:The Who】 ギター・マガジン 2008年12月号
guitarm200811.jpg
Peteが表紙の『ギター・マガジン』2008年12月号が、11月13日に発売されます。
初の単独来日を記念する大特集が組まれ、Featured Guitaristsのコーナーで20ページにわたってPeteが取り上げられるとのことです。
詳細はリットーミュージックのサイトにて。[Amazon.co.jp]

▲TOP
【ライブ:The Who】JAPANツアー全公演当日券情報
JAPANツアー各公演の当日券発売は下記の通りです。

■ 11/13(木) 大阪城ホール 17:30より販売
■ 11/14(金) 横浜アリーナ 17:00より販売 
■ 11/16(日) さいたまスーパーアリーナ 15:00より販売
■ 11/17(月) 日本武道館 未定
■ 11/19(水) 日本武道館 17:00より販売

▲TOP
【TV:The Who】ロックパラスト&ワイト島ライブTV放送
スカパー、ケーブルTVなどで視聴できるチャンネル「Music Air」にて、The Whoの来日を記念して過去のライブが取り上げられました。本放送(11/7)は終了しましたが、再放送が予定されています。

『ザ・フー/ロックパラスト1981』 11/11(火)22:20~、11/15(土)15:20~、11/23(日)13:50~
『ザ・フー/ワイト島ライブ1970』 11/28(金)22:30~

詳しい内容と曲目はMusic Airを参照のこと。

▲TOP
2008年ザ・フー 来日記念キャンペーン
『2008年ザ・フー 来日記念キャンペーン』が始まりました。
必要事項を封書またはハガキに書いて応募すると、抽選でグッズが当たります(「(7)購入した商品名」で商品名を記入するだけでOKの、オープン懸賞になります)。

応募方法
封書またはハガキに必須事項を記入して送付
(1)郵便番号 (2)住所 (3)氏名 (4)性別 (5)年齢 (6)電話番号 (7)購入した商品名 (8)プレゼント希望番号
応募先
〒107-8583
東京都港区赤坂8-5-30 ユニバーサルミュージック(株)
ユニバーサル インターナショナル 販売促進部
2008年ザ・フー 来日記念キャンペーン係
応募期間
2008年11月5日(水)~12月31日(水)(当日消印有効)

プレゼントは……
(1) 来日公演告知ポスター (30名)
(2) 映画『ザ・フー:アメイジング・ジャーニー』非売品プレスシート (30名)
(3) DVD『CSI:マイアミ5』非売品サンプラー (30名)
(4) 特製“紙ジャケ”フレーム(ジョイント可) (30名)

campaign.gif


商品のカタログ等、キャンペーンの詳細はユニバーサルミュージックウェブサイトにて。


▲TOP
【CD/DVD:The Who】年内までの期間限定低価格盤
thenandnow.jpg

2004年に発売された最新ベストアルバム(2004年当時の新曲2曲含)『ゼン・アンド・ナウ』のSHM-CD2枚組が11/5に発売されました。価格は、“年内までの期間限定低価格盤”ということで1,800円(税込)になります。
また、同じく“年内までの期間限定低価格盤”でDVD2タイトル、『キッズ・アー・オールライト』と『フーズ・ベター・フーズ・ベスト』が11/12に発売されます。共に価格は1,980円(税込)になります。

■『ゼン・アンド・ナウ』(UICY-91295) [Amazon.co.jp]
■『キッズ・アー・オールライト』(UIBY-9002) [Amazon.co.jp]
■『フーズ・ベター・フーズ・ベスト』(UIBY-9003) [Amazon.co.jp]


▲TOP
【雑誌:The Who】AERA 2008年11月17日号
aera20081117.jpg
11/10発売の『AERA』(2008年11月17日号)に、The Who関連の記事が1ページあります。
“「小僧の神様」ザ・フーもいまや…:「マイジェネ」は年金世代”とのタイトルで、内容は、日本でのThe Whoの人気(があまりなかった理由)や、現在のメンバーについてなど。ファンクラブ初代会長保科氏の過去のコメントなども引用されています。カラー写真は、ロックオデッセイ(横浜会場)のステージと、『マイ・ジェネレイション』BOXを開いた状態のものの2点。

■『AERA』(2008年11月17日号) 定価:360円 (税込み)

関連サイト:AERA-net.jp

▲TOP
【ライブ:The Who】11/13大阪城ホール:当日券
11月13日(木)の大阪公演(大阪城ホール)の当日券は、17時30分から同会場窓口で販売されます。

なお、JAPANツアー中の最新情報につきましては、管理人3人のインターネットアクセス状況により、掲載及び更新の対応が迅速にできないと思われます。申し訳ありませんが、あらかじめご了承下さい。

▲TOP
【CD:The Who】SHM-CD3タイトル
11月12日に、ユニバーサル・ミュージックより下記3タイトルの紙ジャケ仕様SHM-CDが発売されます。各初回限定版、税込4,200円。3タイトルとも、日本初回盤LP帯の復刻が付きます。

『トミー』デラックス・エディション
*UK初回盤2枚組LPの3面見開きジャケット、シリアル・ナンバー入り12Pブックレットを忠実に再現。
*ボーナス紙ジャケとして、1972年にUKでバラ売りされた際のLP×2種のミニチュアをセット。
*UK盤レーベル・カード封入。
 [Amazon.co.jp]

『ライヴ・アット・リーズ』デラックス・エディション
*UK初回盤LPのポケット式見開きジャケット、Marqueeポスター他12点のおまけを忠実に再現。
*ボーナス紙ジャケとして、スペイン盤/ブラジル盤/コロンビア盤LPのミニチュアをセット。
*シリアル・ナンバー入りUK盤レーベル・カード封入。
 [Amazon.co.jp]

『フーズ・ネクスト』デラックス・エディション
*UK初回盤LPのジャケットを忠実に再現。
*ボーナス紙ジャケとして、スペイン盤/メキシコ盤(見開き)LPのミニチュアをセット。
*シリアル・ナンバー入りUK盤レーベル・カード封入。
 [Amazon.co.jp]

各アルバムのデラックス・エディションの収録曲は、コチラをご参照下さい。

▲TOP
JAPANツアー物販オフィシャルグッズ
2008tour.jpg11/13から始まるJAPANツアーの会場物販で扱われるオフィシャルグッズが、プロモーターであるUDOのウェブサイトに発表されました。ツアープログラム(左写真:2,500円)をはじめ、Tシャツ、パーカー、キャップ、ポスター、トートバッグ、キーホルダーが載っています(変更あり)。

詳細は、UDOのウェブサイトにて。


▲TOP
【CD:Keith&John】紙ジャケSHM-CDで再発
strangedays.jpg

KeithとJohnのソロ作品計6タイトルが、高音質SHM-CDを採用した紙ジャケ仕様で初回限定生産されます(2006年オリジナル・リマスター音源)。また全てのアルバムに日本盤初回LPの復刻ミニチュア帯が付き、各盤のレーベルデザインはオリジナルUK盤のものを限りなく再現したものになります。
全6タイトル、11月5日発売予定。現在、Amazon.co.jp等で予約受付中。

Keith Moon
■『TWO SIDES OF THE MOON(トゥ・サイズ・オブ・ザ・ムーン)』[Amazon.co.jp]

John Entwistle
■『SMASH YOUR HEAD AGAINST THE WALL(衝撃!!)』[Amazon.co.jp]
■『WHISTLE RYMES(風の詩)』[Amazon.co.jp]
■『RIGOR MORTIS SETS IN(死後硬直)』[Amazon.co.jp]
■『MAD DOG(マッド・ドッグ)』[Amazon.co.jp]
■『TOO LATE THE HERO(最後のヒーロー)』[Amazon.co.jp]


各アルバム収録のボーナストラック等、商品の詳細はストレンジ・デイズ・レコードのウェブサイトにて。

▲TOP
【ライブ:The Who】ニュージーランド公演決定
1968年以来初のニュージーランド公演が決まりました。前座は2002年ツアーでもサポートを務めたCounting Crowsです。

日程:2009年3月21日(土)
場所:North Harbour Stadium, Auckland
チケット発売:2008年11月17(月)
取扱いは、現地ticketmasterにて(http://www.ticketmaster.co.nz/

▲TOP
【雑誌:The Who】『アメイジング・ジャーニー』レビュー他
現在店頭に並んでいる雑誌数冊に、The Whoの記事や写真が載っています。

■『MUSIC MAGAZINE』2008年11月号
11月8日公開予定のライヴ映像『ライヴ・アット・キルバーン』と、11月22日公開予定のドキュメンタリー映画『ザ・フー:アメイジング・ジャーニー』の、小野島大氏によるレビュー。[Amazon.co.jp]

■『rockin' on(ロッキング・オン)』2008年12月号
表紙はRadioheadのThom Yorke。2006年『ENDLESS WIRE』発表時の『MOJO』誌によるPeteのインタビュー翻訳(4ページ)と、映画『ザ・フー:アメイジング・ジャーニー』のレビューなど(2ページ)あり。[Amazon.co.jp]

■『Player』2008年12月号 No.514
表紙はOasisのNoel Gallagher。The Who現ツアーメンバーのステージを収めたA4x3ページ分のカラーピンナップ(ポスター)付き。[Amazon.co.jp]


なお、今月発売される『レコード・コレクターズ』2008年12月号は、The Whoの特集が30ページあまり組まれるとのことです。

▲TOP
【DVD:Zak他】SUPER DRUMMING vol.3
superdrumming3.jpgPete Yorkがホストを務めるドイツの音楽(ドラム)番組をまとめた『SUPER DRUMMING』の第3弾の日本盤が11月7日に発売されます。
10代でのプロ初仕事がSpencer Davis GroupでのセッションだったZakは、Pete Yorkとの親交も深く、『SUPER DRUMMING』へは第1弾に続き2作目の出演となります。また、数々の名ドラマーを集めたこの番組。Zakの他にも、The Whoのサポートを務めていたSimon Phillipsや、PeteやSimon Townshendとの仕事も多いMark Brezickiの出演回も収録されています。
40曲の収録曲のうち、彼らの演奏曲は下記の通り。
Zak:「Linin' Track」「Route 66」「The Pike Strikes Again」。Simon Phillips「Beating The Bronze」「Programme Changes」。Mark Brezicki:「Dixie Chicken」。

現在、Amazon.co.jp等で予約受付中。

■『スーパー・ドラミング Vol.1』 [Amazon.co.jp]
■『スーパー・ドラミング Vol.2』 [Amazon.co.jp]
■『スーパー・ドラミング Vol.3』 [Amazon.co.jp](2008/11/7発売予定)

▲TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。