Won't Get Fooled Again * The Who News
The Whoに関する最新ニュース。 by WHO's Generation
プロフィール

WHO's Generation

  • Author:WHO's Generation
  • The Whoのファンサイト"WHO's Generation"内の一コンテンツ

月別アーカイブ

カテゴリー

The Who ライブ予定

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のリリース

[2010]

40周年記念限定盤
11/24(日本盤)

3/24(日本盤)

3/23(US盤)

3/9(DVD輸入盤)

3/9(Blu-ray輸入盤)
[2009]
lisztomania.jpg
12/22(US盤)
lisztomania.jpg
8/26(日本盤SHM)

8/19(日本盤BOX)

8/5(日本版)

8/5(Blu-ray日本版)

4/22(日本盤SHM)

4/22(Blu-ray日本版)

4/1(日本盤DE)

4/1(日本版)

4/1(デラックス版)

4/1(コレクターズ版)

3/17(US盤DE)

2/24(Blu-ray輸入版)
[2008]

12/24(日本盤SHM)

12/19(日本盤)

11/18(US盤)
mygeneration_box.jpg
11/12(日本盤BOX)

11/12(日本盤SHM)

11/12(日本盤SHM)

11/12(日本盤SHM)

11/10(和書)

11/5(日本盤SHM)

11/5(日本盤SHM)

11/5(日本盤SHM)

11/5(日本盤SHM)

11/5(日本盤SHM)

11/5(日本盤SHM)
mygeneration_box.jpg
8/6(日本盤BOX)

8/6(日本盤SHM)

4/14(UK盤)
[2007]

9/13(日本盤)

8/2(日本盤)
[2006]

11/24(日本盤)

11/15(日本盤)

11/8(限定盤)

7/24(UK盤)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


▲TOP
【CD:The Who】LIVE AT LEEDS 40周年記念限定盤
オリジナルアルバム発売から40年を向かえた『LIVE AT LEEDS』が、翌日のHull公演も収録した4枚組『ライヴ・アット・リーズ<40周年記念スーパー・デラックス・コレクターズ・エディション> 』としてパワーアップ。11月24日に発売予定となっています。*右写真は25周年盤CDleeds_20100926023552.jpg

現在予約受付中 [ Amazon.co.jp ]

下記はメーカーインフォメーションになります。

* 初回生産限定 3,000セット
* SHM-CD仕様
* 輸入アートワーク仕様(CDのみ日本製造)
* 解説・歌詞・対訳付

● 本編2CDは1970年2月14日にリーズ大学にて行われた「トミー」全曲演奏を含むパフォーマンスを収録。
(既発売のデラックス・エディションと同内容)
● 翌15日、ハルにて行われたパフォーマンスを2CDに収録
(リーズより1曲(「マジック・バス」)少ない内容)
● オリジナルLP通りに6曲収録された重量盤LP
● 貴重な資料が満載の64ページ、ハードカヴァー本
● 「サマータイム・ブルース/ヘヴン・アンド・ヘル」を収録した7インチ・シングル
● ピート・タウンゼントのポスター
● 『ライヴ・アット・リーズ』初回黒スタンプ仕様をモチーフにしたハードカヴァー・ケース

スポンサーサイト
▲TOP
【CD/ライブ:Pino】 The Verbs新作と日本ツアーに参加
trip.jpg
Steve Jordanが自身の妻Meegan Vossと結成したユニットThe Verbsの新作『TRIP』(9/22発売予定)にPinoが参加しており、10月の日本ツアーで来日することも決まりました。
この度The Verbsには奥田民生がギタリストとして正式に加入したことが発表されています。

■ TRIP (トリップ) [Amazon.co.jp]

「JAPAN TRIP 2010」の日程は以下の通りです。

・10/25(月)東京・渋谷C.C.Lemonホール
・10/26(火)東京・SHIBUYA-AX
・10/28(木)名古屋CLUB DIAMOND HALL
・10/29(金)大阪・なんばHatch
・10/31(日)広島CLUB QUATTRO

8/28(大阪公演のみ9/4)よりチケット発売中。詳細はぴあ他のプレイガイドにて。

▲TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。