Won't Get Fooled Again * The Who News
The Whoに関する最新ニュース。 by WHO's Generation
プロフィール

WHO's Generation

  • Author:WHO's Generation
  • The Whoのファンサイト"WHO's Generation"内の一コンテンツ

月別アーカイブ

カテゴリー

The Who ライブ予定

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のリリース

[2010]

40周年記念限定盤
11/24(日本盤)

3/24(日本盤)

3/23(US盤)

3/9(DVD輸入盤)

3/9(Blu-ray輸入盤)
[2009]
lisztomania.jpg
12/22(US盤)
lisztomania.jpg
8/26(日本盤SHM)

8/19(日本盤BOX)

8/5(日本版)

8/5(Blu-ray日本版)

4/22(日本盤SHM)

4/22(Blu-ray日本版)

4/1(日本盤DE)

4/1(日本版)

4/1(デラックス版)

4/1(コレクターズ版)

3/17(US盤DE)

2/24(Blu-ray輸入版)
[2008]

12/24(日本盤SHM)

12/19(日本盤)

11/18(US盤)
mygeneration_box.jpg
11/12(日本盤BOX)

11/12(日本盤SHM)

11/12(日本盤SHM)

11/12(日本盤SHM)

11/10(和書)

11/5(日本盤SHM)

11/5(日本盤SHM)

11/5(日本盤SHM)

11/5(日本盤SHM)

11/5(日本盤SHM)

11/5(日本盤SHM)
mygeneration_box.jpg
8/6(日本盤BOX)

8/6(日本盤SHM)

4/14(UK盤)
[2007]

9/13(日本盤)

8/2(日本盤)
[2006]

11/24(日本盤)

11/15(日本盤)

11/8(限定盤)

7/24(UK盤)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


▲TOP
【CD:ohters】Simon, Zak, Rabbit's side projects
サポートメンバーの活動をまとめてお知らせします。

venustraphobia.jpgまずはSimonがフロントを務めるバンドCasbah Clubのデビュー・アルバム『VENUSTRAPHOBIA』の情報。
発売は、6/17に決定しており、現在、リニューアルされた公式サイトで予約を受け付けています。予約特別価格は10ポンド。日本への送料は2.5ポンドとなります。
なお、UKツアーとThe Whoの前座の日程に変更がありました。詳細は、姉妹サイトサイモン・タウンゼンドでご確認下さい。

lightningseeds.jpgZak関連のアルバムもリリースされます。1997年から2000年までZakが参加していたThe Lightning Seedsが7年ぶりに沈黙を破り、新曲の発表に合わせてベスト盤『THE VERY BEST OF THE LIGHTNING SEEDS』をリリースします。今回の新曲およびUKツアーにZakは参加していませんが、ベスト盤には当時のヒット曲から「Life's Too Short」「If Only」「3 Lions」(同タイトルシングルはUKチャート3週連続1位)が入ります。
現在、Aamazon.co.jp等で予約受付中です。

■ THE VERY BEST OF THE LIGHTNING SEEDS / The Lightning Seeds [Amacon.co.jp]

最後は、Rabbitの客演情報です。The Whoのレコーディングが開始される前に、いくつかのプロジェクトに参加していたRabbit。そのうちの1つがThird Of Neverでの演奏です。参加したアルバムは、Alan Douchesによるマスタリングが決定し、8月上旬から作業に入ります。
また、RabbitととThir Of NeverのメンバーJon DawsonのユニットElectric Forgivenessもウェブ上で音源を発表し、活動を行っています。
関連サイト:Third Of Never公式サイト
スポンサーサイト


▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://thewhonews.blog13.fc2.com/tb.php/337-bb4f8585
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。