FC2ブログ
Won't Get Fooled Again * The Who News
The Whoに関する最新ニュース。 by WHO's Generation
プロフィール

WHO's Generation

  • Author:WHO's Generation
  • The Whoのファンサイト"WHO's Generation"内の一コンテンツ

月別アーカイブ

カテゴリー

The Who ライブ予定

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のリリース

[2010]

40周年記念限定盤
11/24(日本盤)

3/24(日本盤)

3/23(US盤)

3/9(DVD輸入盤)

3/9(Blu-ray輸入盤)
[2009]
lisztomania.jpg
12/22(US盤)
lisztomania.jpg
8/26(日本盤SHM)

8/19(日本盤BOX)

8/5(日本版)

8/5(Blu-ray日本版)

4/22(日本盤SHM)

4/22(Blu-ray日本版)

4/1(日本盤DE)

4/1(日本版)

4/1(デラックス版)

4/1(コレクターズ版)

3/17(US盤DE)

2/24(Blu-ray輸入版)
[2008]

12/24(日本盤SHM)

12/19(日本盤)

11/18(US盤)
mygeneration_box.jpg
11/12(日本盤BOX)

11/12(日本盤SHM)

11/12(日本盤SHM)

11/12(日本盤SHM)

11/10(和書)

11/5(日本盤SHM)

11/5(日本盤SHM)

11/5(日本盤SHM)

11/5(日本盤SHM)

11/5(日本盤SHM)

11/5(日本盤SHM)
mygeneration_box.jpg
8/6(日本盤BOX)

8/6(日本盤SHM)

4/14(UK盤)
[2007]

9/13(日本盤)

8/2(日本盤)
[2006]

11/24(日本盤)

11/15(日本盤)

11/8(限定盤)

7/24(UK盤)

第21回キース・ムーン追悼コンサート
今年は1978年にKeithが他界してから30年。
都内で毎年行われている「キース・ムーン追悼コンサート」も、特別企画をもって9月7日に催されます!!詳細は下記の通り。

公演名:第21回キース・ムーン追悼コンサート
    ~キース・ムーン30回忌特別企画・幻のライブ映像キルバーン公演(1977年)日本初上映~

公演日:2008年9月7日(日)
出演:Daimyo&THE SUPER HIGH NUMBERS/THE BRICK'S TONE/他
会場:ShowBoat(高円寺駅北口より徒歩約5分)
開場:18:00  開演:18:30
チケット:前売3000円/当日3500円(共にドリンク別) ローソンLoppi[L:73741]
チケット発売開始:8/7(ShowBoat:No1~)、8/10(ローソンチケット:No61~)
リンク:ShowBoat HP

なお、今回のイベントは例年とは違いチケット番号での入場となります。
入場順は、ShowBoatのチケット(整理番号順:No1~)→ローソンのチケット(整理番号順:No61~)→予約(店/バンド予約の当日引替の方)→当日券

*ShowBoatのチケット:遠方の方は代引き郵送も可能です(送料&手数料¥580)

上記の公演名にもあるように、今回は来日記念とキース30回忌の特別イベントであり、いつものライブに、1977年の未発表映像『キルバーン』の上映会が抱き合わせになっています。ライブハウスなので、大音響で音を楽しめることでしょう。

キャパは100人強であるため、チケット番号によっては座れなくなることをご了承下さい。またチケット枚数に制限があるため、お早めの予約をお勧めします。

keith21st.jpg

▲TOP
【チャリティ・オークション】The Whoの1日ローディ権
Rogerが2005年から後援をしている団体k9 connectionの下、eBayでチャリティ・オークションが行われています。オークションにかけられているものは、今秋のUSツアーにて「The Whoのローディを1日経験できる権利」です。オークション・ページはコチラ
オークション終了は、2008年8月24日(日)19時(PDT:太平洋夏時間)。

opcc.jpg1日ローディ権の内容
*他のスタッフと朝食
*ステージ準備
*搬入の手伝い
*ツアースタッフ側でライヴを鑑賞
*ライヴ後にRoger及び他のバンドメンバーに対面
*ライヴ映像を含む、当日の記念ビデオを受け取る

入札は18歳以上。当選者の交通費と宿泊費は本人負担になります。ツアー日は、アメリカ公演から1日選ぶことができます(残念ながら選択肢に日本公演はありません)。バックステージでは持参したアイテム3つまでサインをもらえます。また個人カメラでメンバーとの写真撮影もできます。その他、注意事項や詳細はオークションサイトをご確認下さい。

k9 connection:公式サイト

▲TOP
アニメーション『WIRE & GLASS』公開中
WG.jpg

アルバム『ENDLESS WIRE』に収録されているミニ・オペラ『WIRE & GLASS』が28分間のアニメーション作品になりました。作者はマルチメディア・デザイナーのAubrey Powell(デザイングループHipgnosisの一員としてPink Floyd、Genesis、Led Zeppelin等のアルバムジャケットのデザインを担当)です。2006年のツアーではステージ上のスクリーンで一部画像が流れていました。
現在のところは、会員限定のサービスとして公式サイトで公開中です。視聴には会員登録(有料)とQuicktimeのインストールが必要となります。
また、同時に70分にわたるAubrey Powellとグラフィック・デザイナーRichard Evansのオーディオ・インタビューも聴くことができます。

www.thewho.com

▲TOP
Mugic Bus Competition
magicbuscompe.jpg


The WhoとTeenage Cancer TrustそしてVWの企画でチャリティが行われます。
このチャリティは抽選式コンペティションにもなります。

<参加方法概要>
チャリティサイトを訪れる
・4択クイズ1問に答える(訳:次のうち、The Whoのヒットシングルは?)
・チャリティに参加したい回数だけのチケット枚数を購入(1枚5ポンド)

締め切りは2008年7月8日です。

参加者全員へのプレゼントは、2007年10月06日(土)Hanover (Germany)でライブ録音された「Magic Bus」(未発表)のダウンロード権です。
そして見事当選した参加者1名には、PeteとRogerのサインが入った特製VWミニバス(写真参照)がプレゼントされます(詳細については、サイトの規約をご確認下さい)。

チャリティサイト:http://www.thewhomagicbus.com/

▲TOP
TCT 2008 updated info
Rogerが後援しているチャリティ団体Teenage Cancer Trustが毎年行っているイベントTCT@Royal Albert Hallが今年も開催されます。

(4/1追記)
13日(日)のセッションで、The Who(アコースティック:Pete&Roger)が出演することが発表されました。

(3/12追記)
先日発表になった日程以外に、8日(火)と13日(日)が追加されました。

開催期間:2008年4月8日(火)~13日(日)
場所:Royal Albert Hall、London、UK
チケット:2008年2月22日発売開始 (3/10現在10日と12日のチケット完売)

04/08(火) : Madness + ゲスト
04/09(水) : Noel Fielding(コメディ) + ゲスト
04/10(木) : Paul Weller & Steve Cradock(アコースティック) + Duffy
04/11(金) : The Fratellis + ゲスト
04/12(土) : Muse + ゲスト
04/13(日) : The Who (Pete&Roger) in TCT sessions (w/ Armatrading, David Gray, Newton Faulkner, Amy Macdonald)

TCT2008公式サイト:https://www.teenagecancertrust.org/royal-albert-hall/

▲TOP
QUADROPHENIA Convention 2008
quadroconvetion08.jpg『QUADROPHENIA(さらば青春の光』の制作30周年を記念して、初のコンベンションが開催されます。場所は映画ロケ地でもあるイングランド南海岸の街ブライトン。2008年4月5、6日の週末に開催されます。
出演予定のゲストは、 Trevor Laird、Toyah Willcox、Phil Davis、Gary Shail、Garry Cooper、Mark Wingett、そしてPhil Daniels。
イベントでは、トークショー、Q&A、オークションなどが行われ、ディーラー用買付け会場やコーヒーバー、フォトスタジオも用意されるとのことです。


日時:2008/04/05(土)、06(日) AM9:00~PM5:30
場所:英国ブライトン Royal Albion Hotel (Brighton)
参加費:1日50ポンド、2日間75ポンド
*お土産にもらえる20ページのプログラムには、ゲスト全員のサインが入ります。

詳細は、www.quadrophenia.bizにて。

▲TOP
Pete's interviews and acoustic session
BBC Radio 2のサイトにPeteの映像がアップされました。
Peteのホームスタジオでの「The Real Me」と「God Speaks Of Marty Robbins」のアコギ弾き語り、そしてRogerやKeithとの関係、家庭生活のことについて語るインタビュー映像です。
それぞれ2分半~4分半ほどの長さになります。

サイト:BBC Radio 2

▲TOP
公式サイト正式オープン
thewhocom.jpg

仮オープン状態だったThe Whoの新しい公式サイトが11/5に正式にオープンしました。
まだ一部工事中の部分もありますが、ニュース、バンドの歴史とメンバー紹介(会員限定)、ディスコグラフィ(会員限定)、映像、RogerとPeteのページ、2人が関わっているチャリティ活動の紹介、掲示板(会員限定)、ウェブメール(会員限定)、オンラインショップ等が用意され、かなりボリュームのある内容になっています。
現在ファンクラブの会員を募集しています。特典は以下の通りです。

・1969年から1976年にかけてのレアなライブ曲が入った26曲入りの2枚組アルバム『VIEW FROM A BACKSTAGE PASS』(24Pのブックレット付き)が無料で貰える。
・掲示板(常時オープン)を含む全てのページにアクセス可能。
・(自分の名前)@thewho.comのアドレスのウェブメールが使える。
・最新情報がメールで届く。
・Who Storeの商品の初回購入時が25%割引。
・会員限定ビデオが見られる。(※2008年予定)
・オンラインで全てのThe Whoの曲を聞き、MP3でダウンロード可能。(※2008年予定)

入会費用は新規登録者が$50、WhoTour.comで会員登録していた人は$40です。
登録方法:
(新規登録)
トップページの画面左、ユーザーネームとパスワードを入力する欄の下にある「Login or Join Now」の「Join Now」の部分をクリック。→会員登録のフォームが開くので、名前や住所などを入力。→最後にI agree to the Terms and Conditionsの左の四角にチェックを入れてJoin Now!のボタンを押す。→背景が赤い画面に切り替わり、Official 2007 The Who Subscription (WHOFNC07) $50.00 を購入する手続きに入る。→右のCHECKOUTボタンをクリック。名前や住所の確認、クレジットカード番号の入力などをNext Stepボタンを押しながら進め、Process Orderを押すと購入完了。

(WhoTour.comで会員登録していた人)
同じ名前とパスでログインし、「STORE」内の商品一覧の中から「Fan Club」を選んで、$40のOfficial 2007 The Who Subscription Renewalを購入すればOK。
※ログイン後すぐに出てくるClick here to UPGRADE to a full accountの"UPGRADE"の文字をそのままクリックすると、なぜか新規登録者用の$50のSubscriptionがカートに入ってしまうので気を付けて下さい。→(追記)未登録状態でWhoTour.comのIDを使ってログインし、「UPGRADE」を選んだ時のみ「STORE」内に「Fan Club」項目が表示されるようです。

なお、サイト内にPeteのブログも新しく開設されました。
来年の予定については「いくつかライブをするのを楽しみにしている。場所や時間などはまだわからないが」とだけ書かれています。

www.thewho.com

▲TOP
www.thewho.com
thewhocom.jpg

The Whoの新しい公式サイトが9/4にオープンしました。
ここはPeteとRogerふたりのウェブ拠点となり、The Whoの最新情報が配信されていきます(これに伴い、2006/2007ツアーを支えたthewhotour.comが閉鎖になります)。
新しい公式サイトは現在準備期間となっており、今後数ヶ月で内容を充実させていきます(未発表写真や映像の公開含む)。また、初期のレコーディング音源をまとめた2枚組CDに関する特別企画(おそらく会員制のもの)もあるようです。
現在トップページからメーリングリストの登録ができます(英語)。

www.thewho.com


▲TOP
The Who Calendar 2008
calender2008.jpgThe Whoの2008年カレンダーがBlossom Rock Ltd(左写真)から発売されました。また、Daniloからも発売予定となっています。

現在、Amazon.co.jp等で取り扱っています。

■ The Who Calendar 2008 (Blossom Rock Ltd) [Amazon.co.jp]
■ The Who Calendar 2008 (Danilo) [Amazon.co.jp]


▲TOP